無事帰国&アナトミートレイン筋膜解剖コース

こんにちは!
幾つになっても踊っていたい大人ダンサーの味方
踊るムーブメントエデュケーターの杏奈です(*^^*)


米国から無事に帰国致しました!


今年になって初めての経験が続きますが
その最初の大きな経験がこの・・・米国での


アナトミートレイン筋膜解剖コース


でした。。。






アナトミートレイン提唱者である
トーマス・マイヤース氏が開講する解剖実習のコースで


日本では絶対に体験することが出来ない
生前にご自身が意志を表明そしてドナー登録され
死後、一切化学的な処置を加えず冷凍保存されたご献体を
実際にメスと鉗子を持ち解剖を実践していくというもの


5日間に渡るこのコースはあまりに衝撃で
毎日8体のご献体と向き合う中
膨大な情報を浴び、膨大なエネルギーを使うので
精神的にも体力的にも疲労困憊してしまう
非常にタフなコースでした。


この5日間のことを整理整頓することは難しく
これからダンスを踊ったり
ボディワークや様々な学びを通じて
自分の中に漂っているものが結合して繋がっていく
のだろうなと今は感じています。


そのためにも先ずは自分自身に落とし込み
消化吸収していけるように励みたいと思います。


++


自分の中に葛藤がなかったといえば嘘になります。
こういったことを行うときに
必ず自分の中の善と悪
肯定と否定、正義と罪
2つの物事が対立してしまう【二項対立】が起こります。


きっと米国に行ってまで解剖をしてくることに
非難の声をあげる人もいることでしょう。


これは理解できますし
自分の中に葛藤があるのもごく自然なことと思っています。


ただ、これらを対立させて物事を考えていたら
終わりがなく永遠と続いてしまいます。


それらを一旦受け容れ
それらを越えたところにある【自分の意志】



そこからくる 直観に従い 行動させていただきました。



自分はダンスを軸にムーブメントエデュケーターとして
活動をしています。。。
日々、身体の使い方をクラスやワークショップなどで
お伝えしている訳ですが
お伝えすればするほどに【ある疑問】が
自分の中の何処かに引っかかっていました。


それは・・・


自分、偉そうに身体の使い方を指導しているけれど
それ・・・


『見たんかい』


という疑問。
勿論、学びそして体感として感じられることを
お伝えしていますよ(そこ重要)


でも、実際に目で見た訳ではない。。。



そして実際に目の当たりにすることで



やはりそうだ! とか、、、
あゝあれはこういうことだったんだ!



という事柄がこうやってブログを書いている間にも
次から次へと繋がって浮上してきます。


コースを終え無事に帰国し
やはり参加して良かったと、感じています。


勿論、自分の奥底に多少のダメージを受けていることも感じます。
ふとした瞬間にラボでの匂いを思い出したり
ご献体のお顔を思い出して涙が出てくる瞬間もあります。
でもこれで自然なのだと思います。



この学びを活かすも活かせないも
今後の自分次第



肝に銘じて進んでいきます。。。



アナトミートレイン筋膜解剖コースに
関わる全ての皆さん
トーマス・マイヤース氏、トッド・ガルシア氏
アシスタントのローリー、ホリー
通訳であり細かくケアをしてくださった谷佳織さん
通訳のまいこさん、かなさん、トラビス(笑)
コースでご一緒させていただいた受講者の皆さん
留守中スタジオでレッスンをしてくださった皆さん
見守ってくださった全ての皆さん
両親や姉妹達

そして人生観が変わるほどのギフトをくださった
ご献体の皆さんとそのご家族



皆さんに心から感謝申し上げます。


ありがとうございました!









++


今回のコースの一言メモをここに。
後々色々思い出すと思いますが・・・


一言メモ(115日現在)

全ては層
深筋膜全身ユニタード
筋膜が形作るってことが腑に落ちた
筋膜は玉虫色
筋膜は美しい
動きが本当に大事
動きがないと線維がグチャグチャになる
脂肪の入り込み
1つのマインド、1つの筋肉、600の筋膜ポケット
股関節には20の筋肉
大腿骨頭は目玉親父
キュッ&シュポッ
内閉鎖筋強い
関節面は真珠
ツルツルピカピカ
腹横筋うすい
横隔膜はホントに膜
大網は内臓のお母さん
肝臓は大きくて重かった
腸間膜と小腸はドレス
小腸は長かった
頑丈な心膜に包まれた心臓
心臓は想像より重かった
ローテーターカフは肉肉しい
後頭下筋群横から見た
下腿の骨間膜の張りに驚き
半月板のスタジアム
外側半月の動き
膝の関節面ツルツル
距骨ピカピカ
硬膜はピンクの真珠
蝶形骨を上から見た
鼻腔は芸術
脳と脊髄はデリケート
脳は溶ける
頭蓋骨は重くて硬くて芸術的
馬尾が連続して出た
全身、膜という膜に包まれ形作られている

アナトミートレインは1つの概念
とトム自身が言っていた

ご献体とお別れする時に涙が出た
オリーブ(私達のグループのご献体のニックネーム)さようなら








+++++


【お知らせ一覧です!!】





⚫️タイムスケジュールです!!


コメント

このブログの人気の投稿

10回シリーズ・ミニWSのお知らせ

10回シリーズ・ミニWS補講スケジュール

静岡でDMPコース開催決定!