投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

動きの解剖学ミニWS・大阪バージョン

イメージ
こんにちは! 踊るムーブメントエデュケーター杏奈です!
また突然ですが、大阪でミニWSを やらせていただきます!
ダンスを元氣に踊る為に必要な 動きの解剖学ミニWS 大阪バージョン!
と題して、東京のセッションハウスで 開催させていただいている大好評ミニWSを

大阪らしく(笑)スピードアップして(笑) 1講座60分 × 3回 を2日間、計6講座!

開催させていただきます(o^^o) 元氣に踊って行く為には 身体の機能的な動きを知ると良いですよ! どなた様もお気軽にご参加ください!
お待ちしております!

【 開催スケジュール 】
2月19日(月) ●1回目:12時~13時 『骨盤の動きとダンステクニック』
●2回目:13時15分~14時15分 『股関節万歳!』
●3回目:14時半~15時半 『仙骨そして背骨へ』

2月20日(火) ●4回目:12時~13時 『呼吸をみつめてみよう!』
●5回目:13時15分~14時15分 『筋肉ってなぁ~に?』
●6回目:14時半~15時半 『お膝にフォ~カス!』

++

会場:M's Cube 宗近バレエ 受講料:1講座、3,000円 お申込み方法:メールにて 件名を【動きの解剖学大阪】としお名前、連絡先(メールアドレス、携帯番号) 参加希望日、参加希望講座を明記の上
info@dansanna.jp (杏奈)までお送りください。


携帯アドレスやGmailなどのフリーメールを お使いの方は返信メールが届かないケースが多発しております。
上記アドレスを必ず受信設定してください!

寒中お見舞い申し上げます

イメージ
寒中お見舞い申し上げます。
昨年秋に父が他界し 喪中の為新年のご挨拶を 控えさせていただいておりました。
旧年中は沢山の方々に大変お世話になり誠に有難うございました。 また本年も変わらぬお付き合いを よろしくお願い申し上げます。
仕事初は4日からでしたが、、、
今年は3日、4日、5日と DLSバレエ教師の為の解剖学講座
6日、7日とラバンWSと 学びからのスタートでした。

バレエ教師の為の解剖学講座は オーストラリアのバレエ学校で活躍されている ボディワーカー佐藤愛さんの講座。 佐藤愛さんを一言でいうなら「潔い」という印象。 知っている事の全てを惜しみなくシェアしてくださる心意気と 分からないことは分からないと言いきる潔さ。 兎に角気持ち良い3日間でした。
ゴール設定の異なる方々と場を共にすることが新鮮で 様々な視点の違いを感じる事が出来大変勉強になりました。
佐藤愛さん、ご一緒させていただいた皆さん 有難うございました!

そしてもう一つのWSは ラバン/バーテニアフの基礎を体験し学ぶ2日間 運動学として知られるラバンを 理学療法士でありソマティクスのパイオニアであった
バーテニアフが更に発展させたメソッドの基礎を 体験させていただきました。
これが本当に深かった(๑>◡<๑)
この2日間を言葉にするのは容易ではありませんが(^◇^;)
言霊学や量子力学で学ぶ「畳み込み」 一つの空間、一つの物事に いくつもの要素が畳み込まれているということ
今回のWSもまさにそれそのもの 一つの動きの中に実に沢山の要素が畳み込まれており それらを体験し客観視しそして動きを創造していく ラバンは昔から良いと聞いていましたが、実践する機会に恵まれず
まさに今回このタイミングで学べた事に意味があるなぁ、繋がるなぁと 何か不思議なシンクロ的な必然を感じた次第です。
講師の橋本有子さん、企画してくださった大知早恵さん ご一緒させていただいた皆さん 本当に有難うございました!