人の数だけ…

こんにちは!
踊るムーブメントエデュケーター杏奈です。

GW前半の木曜日と月火の3日間
DLS主宰・佐藤 愛さんのダンサーの足セミナー
そしてコンディショニングセミナーに参加して来ました。




佐藤 愛さんの鬼っぷり(笑)が大好き
どんな人にも同じ対応で
人によって態度が変わるなんて皆無
どんな人にも体当たりな愛情で接してくださる
そして若いこれからのダンサーのサポートを
熱く情熱持って行動している。

【公】の人なんだな~と感動しました。

最近出来るだけ【公】の人に会いに行く
という事をしています。
何故なら自分もそうありたいから(˃̵ᴗ˂̵)


++

さて、、、

どんなセミナーを受けていても
いつも同じ事を思うのですが
身体の使い方、身体法って
本当に色々あるなぁ~と。
今回はDLSなので勿論バレエですが
そのバレエでもメソッドで使い方が
異なりますよね。


コンテンポラリーダンスでも
振付家によって身体の在り方が異なるので使い方も変わってくる
それも振付家の数だけある。


自分は東洋の、特に【和】の使い方に興味があるので
また更にその多様な在り方にいつも驚かされます。


最近出来る範囲でナチュラルライフを心がけていますが
大自然に目を向けると「善悪」「良い悪い」という
二項対立がありません。
身体の仕組みにも当然二項対立はありません。


そう思うと身体の使い方にも
二項対立というものは本来存在せず
人それぞれの成し遂げたいことに対する最適な使い方が


ただあるだけ


だから人の数だけ
志の数だけ
身体の使い方があるのではと
思えてきます。


身体というのは
人が持つ意志を現実化する器

と思います。


そう思うと自分だけの世界で
閉じこもるより
様々な世界観に触れて
身体に新しい感覚を入れたい

もっと進化していくように感じます
これからどうなるのかなと
ワクワクする今日この頃です(˃̵ᴗ˂̵)


では~!




コメント

このブログの人気の投稿

10回シリーズ・ミニWSのお知らせ

静岡でDMPコース開催決定!

10回シリーズ・ミニWS補講スケジュール